カンジダで病院には行かない方が…

カンジダを発症した場合、やはり理想を言うと病院に行った方が良さそうですよね。命の心配は無いごくありふれた病気ではありますが、れっきとした病気ですから。ちなみに、病院の分野としては、皮膚科や産婦人科、性病科などが主に挙げられるそうです。

しかし、ネット等の口コミや体験談を見る限り、カンジダで病院に行く実益は、あまり無さそうでした。なんでも、専用の薬液で患部を洗浄したり、膣錠を挿入してくれたりと、病院ならではの治療はしてもらえるものの、一時的に痒み等の症状が治まるだけで、免疫が回復していなければ、1~2日後にはすぐに再発してしまうのだとか。

となると、時間と診察代の無駄ですね。これなら、自分で調剤薬局に行って、塗り薬ではありますが抗真菌薬を買った方が、よっぽど経済的だと思います。個人的には、膣に苦労して挿入する膣錠よりも、簡単に塗れる外用薬の方が良いですし。

ただ、膣錠や塗り薬は調剤薬局でも購入できますが、内服タイプの抗真菌薬は、法律の関係上、処方箋無しでは入手できないみたいです。そのため、どうしても内服タイプの抗真菌薬が良く、個人輸入だと安全の面で不安という人に限っては、病院に頼るしかないそうです。

Copyright (C) 2016 カンジダ治療の最適な方法は? All Rights Reserved.